中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全 行政処分・指導 

 


電気事業法の遵守について (厳重注意)

 

平成30年7月25日

中部近畿産業保安監督部

近畿支部

 

 中部近畿産業保安監督部近畿支部(以下「当支部」という。)は、国立研究開発法人国立循環器病研究センター(法人番号:3120905003033)より、平成30年6月22日付けで「国立循環器病研究センターの自家発電機に係る法定の保安検査の状況について」を発表したとの説明を同年6月27日に受け、同年7月4日に同センターに対し、電気事業法(昭和39年法律第170号)第107条第3項の規定に基づく立入検査を実施しました。

 その結果、使用開始以来、受変電設備及び発電設備等において、同法第42条に基づく保安規程で定められた定期点検、精密点検、測定が実施されていないことを確認しました。また、電気主任技術者による保安に関する意見を尊重していないことや、保安教育及び保安に関する訓練を適切かつ計画的に実施していないことも確認しました。

 このような事案は、同法第42条第4項に定める保安規程遵守義務に違反するものであり、誠に遺憾であることから、当支部は、同センターに対して厳重注意を行うとともに、平成30年7月4日に実施した立入検査において確認した以下の@からBの事項に対する改善状況並びに保安規程を遵守していなかったことに関する根本原因及び再発防止対策を報告するよう指示しました。

  @ 保安規程で定められた定期点検・精密点検・測定について、
   使用開始以来実施していない。

  A 電気主任技術者による保安に関する意見を尊重していない。

  B 保安教育及び保安に関する訓練を適切かつ計画的に実施していない。

   

 

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 自家用係
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6047 (直通)
    <FAX>  06-6966-6092    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.