中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 事故災害情報   > 平成28年ガス事故情報

平成28年ガス事故情報

中部近畿産業保安監督部近畿支部 保安課
TEL  06-6966-6050(直通)

最終更新日:平成29年5月19日


平成28年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
               〔↑ クリックすると当該月の欄に移動します。〕
   

番号

発生年月

事故の種類

事故の概要 原因 再発防止対策
1 H28.1 交通困難 埋設ガス管(灯外内管)継手部が地盤沈下等の外力により緩み、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員6.0m、延長35m、南北道路:幅員6.0m、延長38m)の交通規制が実施された(54分間)。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
2 H28.1 交通困難 埋設ガス管(灯外内管)の腐食によりガスが漏えいし、周辺道路(南北道路:幅員3.8m、延長80m)の交通規制が実施された(1時間15分)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
3 H28.1 着火・物損 集合住宅における機器メンテナンス協力店の給湯器点検時に、過去に発生したレンジフード型給湯器の側面変形が判明した。調査した結果、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増えたため、偶発的に異常着火したことによるものと推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換の実施
4 H28.1 着火・物損 集合住宅において、レンジフード型給湯器の側面変形が発生した。調査した結果、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増えたため、偶発的に異常着火したことによるものと推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換の実施
5 H28.1 着火・物損 飲食店において、接続具(ガスソフトコード又はゴム管)と壁が焼損した。調査した結果、コンロに接続されていた接続具又はその接続部からガスが漏えいし、コンロの炎の引火により焼損したものと推定される。なお、原因については顧客が当該接続具を廃棄したため不明。 不明 適正な操作の注意喚起
6 H28.1 交通困難 他工事業者(解体工事業者)がブレーカーで灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員2.5m、延長43m)の交通規制が実施された(1時間23分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
7 H28.1 交通困難 他工事業者(舗装工事業者)がカッターで供給管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員5.0m、延長80m)の交通規制が実施された(1時間5分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
8 H28.1 交通困難・避難 埋設ガス管(灯外内管)の継手部が何らかの外力により緩み、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員6.0m、延長50m)の交通規制(3時間55分)及び周辺住民(10名)の避難(1時間25分)が実施された。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
9 H28.1 着火・物損 公共施設の実験室において、ストーブの一部(器具接続部付近)が焼損した。調査した結果、当該機器の器具接続口(スリムプラグ)に他規格の機器用ソケットを接続していたためガスが漏えいし、当該ストーブバーナーの炎の引火により焼損したものと推定される。(画像等 器具の誤接続(接続不良) 適正な操作の注意喚起
10 H28.1 交通困難・避難 埋設ガス管(灯外内管)の継手部の腐食によりガスが漏えいし、周辺道路(南北道路:幅員4.0m、延長40m、東西道路:幅員4.0m、延長10m)の交通規制(1時間2分)及び周辺住民(14名)の避難(1時間48分)が実施された。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
11 H28.1 着火・物損 集合住宅において、台所に設置した湯沸器付近の換気扇フィルターが焼損した。調査した結果、何らかの要因で湯沸器内に未燃ガスが滞留し、着火時の炎の引火により機器上部の排気口から炎が吹き出し、換気扇フィルターを焼損したものと推定される。(画像 機器の不具合 需要家へ臭気に気づいた場合の措置等を周知
12 H28.2 交通困難 顧客がツルハシで庭を掘削中に灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員5.0m、延長110m、東西道路:幅員4.0m、延長140m)の交通規制が実施された(45分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
13 H28.2 供給支障 他工事業者(解体工事業者)がニブラ(解体重機)で灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、緊急出動したガス事業者が、引き込み管遮断バルブを閉止したことにより供給支障が発生した(62戸)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
14 H28.2 着火・物損 集合住宅において、レンジフード型給湯器の側面変形が発生した。調査した結果、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増えたため、偶発的に異常着火したことによるものと推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換及び機器の異常に気づいた場合の措置等を周知
15 H28.2 着火・物損 集合住宅において、レンジフード型給湯器の側面変形が発生した。調査した結果、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増えたため、偶発的に異常着火したことによるものと推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換及び機器の異常に気づいた場合の措置等を周知
16 H28.2 着火・火災
交通困難
他工事業者(内装工事業者)がカッターで灯内内管を破損し、漏えいしたガスに着火・炎上したため、周辺道路(南北道路:幅員4.0m、延長124m)の交通規制が実施された(1時間40分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
17 H28.2 着火・物損 集合住宅における機器メンテナンス協力店の給湯器点検時に、過去に発生したレンジフード型給湯器の側面変形が判明した。調査した結果、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増えたため、偶発的に異常着火したことによるものと推定される。 機器の不具合 機器本体取替、開栓時等に措置を周知
18 H28.2 交通困難 埋設ガス管(本管)の経年劣化によりガスが漏えいし、周辺道路(南北道路:幅員6.0m、延長46m、東西道路:幅員5.0m、延長38m)の交通規制が実施された(2時間50分)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
19 H28.2 交通困難・避難 他工事業者(下水道工事業者)がカッターで供給管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員7.0m〜13.0m、延長237m)の交通規制及び周辺住民(1名)の避難が実施された(1時間36分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
20 H28.2 交通困難・避難 店舗厨房における灯内内管の腐食によりガスが漏えいし、周辺道路(東西道路:幅員6.0m、延長103m)の交通規制及び他店店員(2名)の避難が実施された(1時間55分)。 経年劣化 漏えい定期点検の継続実施
21 H28.2 着火・物損 一般住宅において給湯暖房機の前板変形が発生した。調査した結果、事故発生日は降雨量が多かったため、二次熱交換器に何らかの要因で雨水が入り、給排気不良状態となり、その後の点火時の炎が未燃ガスに引火し、発生した異常燃焼により前板変形に至ったものと推定される。 自然現象(大雨)
22 H28.2 交通困難 自社の委託会社による導管工事の試掘時に、舗装カッターで支管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員6.0m、延長22m)の交通規制が実施された(1時間59分)。 自社の委託会社の作業ミス 確実な作業確認の徹底
23 H28.2 交通困難 他工事業者(解体工事業者)が掘削機で灯外内管(継手部)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員2.5m、延長75m)の交通規制が実施された(17分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
24 H28.2 交通困難・避難 自動車の衝突により灯外内管(継手部)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4.0m、延長152m)の交通規制及び周辺住民(4名)の避難が実施された(51分間)。 その他(自動車事故)
25 H28.2 交通困難・避難 埋設ガス管(支管)の継手部が何らかの外力により緩み、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員5.0m、延長30m)の交通規制及び周辺住民(6名)の避難が実施された(53分間)。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
26 H28.2 着火・物損 一般住宅における定期保安巡回時に、風呂給湯器の前板変形が判明した。調査した結果、何らかの要因により給排気部が閉塞されたことにより給排気不良状態で当該機器を使用したため、機器内に未燃ガスが滞留し、その後の点火時の炎が未燃ガスに引火し、発生した異常燃焼により前板変形に至ったものと推定される。なお、顧客はその事象に気がつかないまま使用していた。 機器の不具合 需要家へ給排気口に異物による閉鎖がないか確認するよう注意喚起
27 H28.2 着火・物損 集合住宅において、風呂給湯器の前板変形が判明した。調査した結果、外壁塗装業者が工事の際に当該機器を養生シートで覆ったため給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の点火時の炎が未燃ガスに引火し、発生した異常燃焼により前板変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足
需要家の不注意
「需要家及び塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
28 H28.3 着火・物損 業務用店舗においてオーブンレンジの裏側の変形が発生した。顧客ヒアリングの結果、事故当日、当該機器を稼働中に機器内部の加湿用水配管から水漏れがあり停止。再点火後、異常燃焼が発生した。原因は、電磁弁に大量の水が掛かったことにより電磁弁が誤作動開状態となり、未燃ガスがその後の点火時に一気に燃焼し異常着火に至ったと推定される。 機器の不具合 適正な操作の注意喚起
29 H28.3 着火・物損 一般住宅における定期保安巡回時に、10年ほど前に発生したクッキングテーブルの迅速継手部及び天板の焼損が判明した。調査した結果、コンセントパッキンの経年劣化に加えソケットとプラグの脱着の繰り返しによりパッキンに亀裂が発生し、亀裂箇所から漏えいしたガスにクッキングテーブルの炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。巡回後、機器は未使用のため撤去された。(画像等 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知及び古い接続具の取替えに関する周知
30 H28.3 交通困難・供給支障 他工事業者(改装工事業者)が壁取り壊し中に灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:北側歩道幅員3.6m、延長50m)の交通規制が実施された(1時間20分)。また、引き込み管遮断バルブを閉止したため供給支障が発生した(23戸・3時間30分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
31 H28.3 交通困難・避難 定期保安巡回員から「集合住宅パイプシャフト内にて検知器反応及び微臭気あり。」で受付、ガス事業者が緊急出動。1階通路ピット内で検知器反応及び通路内臭気確認。周辺道路(東西道路:幅員6.5m、延長58m)の交通規制及び付近住民(11名)の避難が実施された(49分間)。調査した結果、灯外内管(供用内管:ポリエチレンライニング鋼管)地中部の継手部からのガス漏れ2箇所を確認した。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
32 H28.3 着火(火災)・負傷 他工事業者(電気工事業者)が電子セーバソー(電気のこぎり)で灯内内管を破損し、漏えいしたガスに着火した(火災)。他工事業者1名が軽度の火傷を負った。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
33 H28.3 交通困難 他工事業者(建築工事業者)がバックホウで灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員6.0m、延長94m、東西道路:幅員6.0m、延長89m)の交通規制が実施された(28分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
34 H28.3 交通困難・供給支障 自動車の衝突により灯外内管(継手部)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員3.5m、延長50m、東西道路:幅員3.5m、延長10m)の交通規制の実施(1時間48分)及び供給支障(2戸)が発生した(24時間18分)。 その他(自動車事故)
35 H28.4 交通困難・避難 他工事業者(地盤改良工事業者)が掘削機で供給管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4.5m、延長100m)の交通規制及び周辺住民(44名)の避難が実施された(1時間54分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
36 H28.4 着火・物損 集合住宅において、ガス炊飯器の底面の一部及びガスコード機器側継手部が焼損した。調査した結果、コンロの高温部分(ごとく、グリル排気口等)にガスコード機器側継手部が接触又は近接したことにより、継手部が溶融、ガスが漏えいし、ガス炊飯器の炎が引火し継手部を焼損。また、底面吸気口から引火した炎が吸い込まれた際に底面樹脂の一部が焼損したものと推定される。(画像 需要家の不注意 適正な操作の注意喚起
37 H28.4 着火・物損 集合住宅において、ビルトインコンロの内部が焼損した。煮こぼれ等により機器内部の腐食が発生、腐食による破損箇所から漏えいしたガスに炎が引火し、焼損に至ったものと推定されるが、詳細は不明。 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
38 H28.4 交通困難 協力会社によるメーター検定満期取替作業時に埋設灯外内管の腐食によるガスの漏えい(臭気)を確認したため、周辺道路(東西道路:幅員4m、延長39m)の交通規制が実施された(32分間)。 経年劣化 漏えい定期点検の継続実施
39 H28.4 交通困難・避難 他工事業者(地盤改良工事業者)が地盤調査に伴うボーリングで不使用灯外内管を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4m、延長28m)(南北道路:幅員4.4m、延長104m及び幅員4.2m、延長85m)の交通規制(1時間47分)及び周辺住民(13名)の避難が実施された(2時間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
40 H28.4 着火・物損 集合住宅において、風呂給湯器の前板変形が判明した。調査した結果、外壁塗装業者が工事の際に当該機器の排気口を養生シートで覆ったため給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の点火時の炎が未燃ガスに引火したため、発生した異常燃焼により前板変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足
需要家の不注意
「需要家及び塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
41 H28.4 供給支障 協力会社(遠隔監視センター)より「マイコンメーター遮断信号受信」との通報を受けて調査したところ、水道管からの漏水によるサンドブラスト現象により埋設ガス管(支管)に孔があき、大量の水道水が流入、圧力低下によりマイコンメーターが遮断し、供給支障(414戸)が発生した。(28時間29分) その他(サンドブラスト) ガス管と水道管の適切な離隔距離の確保
42 H28.4 着火・物損 一般住宅において、風呂給湯器の前板変形が判明した。調査した結果、外壁塗装業者が工事の際に当該機器の給気及び排気口を養生シートで覆ったため給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の点火時の炎が未燃ガスに引火したため、発生した異常燃焼により前板変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足
需要家の不注意
「需要家及び塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
43 H28.4 着火・物損 集合住宅において、ガスバランス型外だき釜の前板等が焼損した。調査した結果、ホースエンドソケット部が腐食し、そこに何らかの力が加わったことにより亀裂が入り、外だき釜使用中に漏えいしたガスが引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
44 H28.5 交通困難 他工事業者(建築工事業者)がハンマードリルで灯外内管(亜鉛メッキ鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員7.0m、延長50m)の交通規制が実施された(39分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
45 H28.5 着火・物損 飲食店において、焼肉用クッキングテーブル使用中に機器内部から出火し、配線及び機器接続ゴム管の一部を焼損した。原因は、部品の消耗により、排気ファンを回しても燃焼排気が十分に排出できない状況で、焼肉用鉄板を外さずに鍋を使用したことにより、当該機器のバーナー周辺に熱がこもり、配線が高温となり着火し、その熱がゴム管にまで及び、ゴム管が焼損したことでガスが漏れ、更なる焼損に至ったものと推定される。 経年劣化
不適切使用
ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知及び適正な操作の注意喚起
46 H28.5 着火・物損 集合住宅における定期保安巡回時に、過去に発生したクッキングテーブルの迅速継手部及び天板部の一部焼損が判明した。原因は、コンセントパッキンの経年劣化に加え、ソケットとプラグの着脱の繰り返しにより亀裂が発生し、亀裂箇所から漏えいしたガスにクッキングテーブル使用時の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知及び古い接続具の取替えに関する周知
47 H28.5 交通困難 自動車の衝突により供給管(塩ビライニング鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員4.8m、延長225m、東西道路:幅員3.0m、延長6.0m)の交通規制が実施された(2時間45分)。 その他(自動車事故) -
48 H28.5 供給支障 超高層建物の灯外内管支持金具改修工事に伴う溶接作業中に、誤って灯外内管(亜鉛メッキ鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、共用内管分岐バルブを遮断し、供給支障(76戸)に至った(4時間59分)。 自社の作業ミス 基本作業の徹底
49 H28.5 交通困難 他工事業者(水道工事業者)がカッターで灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員6.8m、延長87m)の交通規制が実施された(31分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
50 H28.5 着火・物損 集合住宅における定期保安巡回時に、過去に発生したレンジフード型給湯器の側面変形が判明した。原因は、ガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増え、偶発的に異常着火したものと推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換の実施及び機器の異常に気づいた場合の措置等を周知
51 H28.5 交通困難 他工事業者(道路工事業者)がカッターで供給管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4.7m、延長54m)の交通規制が実施された(43分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
52 H28.5 交通困難 自動車の衝突により灯外内管(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4.0m、延長10m)の交通規制が実施された(24分間)。 その他(自動車事故) -
53 H28.5 交通困難 協力工事会社のガス漏えい調査時にガス検知反応を確認したので調査した結果、供給管(アスファルトジュート巻き鋼管)継手部からガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員6.0m、延長66m)の交通規制が実施された(2時間40分)。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
54 H28.5 着火・物損 集合住宅において、元止め湯沸器の電池ケースの一部焼損が発生した。原因は、顧客自身による湯沸器取替時、ガス接続部に取り付けられたホースエンドの締め込み不良により、漏えいしたガスに湯沸器使用時の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。 接続不良 適切な接続の注意喚起
55 H28.6 交通困難 他工事業者(解体工事業者)が油圧クラッシャーで灯外内管(ダクタイル鋳鉄管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員8.0m、延長103m)の交通規制が実施された(1時間10分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
56 H28.6 交通困難・避難 協力会社が歩道でガスの臭気を確認。道路埋設の支管(アスファルトジュート巻き鋼管)腐食部分(3ヶ所)からのガス漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員7.5m、延長150m)の交通規制(35分間)及び周辺住民(50名)の避難が実施された(20分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
57 H28.6 交通困難 他工事業者(建築業者)が掘削機で灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員8.1m、延長100m)の交通規制が実施された(1時間12分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
58 H28.6 供給支障 他工事業者(下水工事業者)がコンクリートブレーカーで灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、供給支障が発生した(48戸・4時間2分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
59 H28.6 着火・負傷 業務用厨房において、鉄板焼器(鋳物コンロ)点火時に顔と手に軽度の火傷を負う事故が発生した。原因は、コンロの種火へ点火する前にメインバーナーの器具栓を開けてしまい、コンロ内部にガスが滞留し、種火へ点火した際、炎が手前にあふれ、火傷を負ったものと推定される。 操作ミス 適正な操作の注意喚起
60 H28.6 交通困難・避難 自動車の衝突により灯外内管及び灯内内管(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員5.5m、延長50m、南北道路:幅員4.0m、延長10m)の交通規制及び周辺住民(3名)の避難が実施された(30分間)。 その他(自動車事故)
61 H28.6 着火・物損 集合住宅において、屋外式給湯暖房機の前板及びパイプシャフトの扉の変形が発生した。原因は、外壁塗装業者が工事の際に当該機器の排気口を養生シートで覆ったため給排気不良状態となり、顧客が当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再度の点火の際に未燃ガスが一気に燃焼し、前板等の変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足 「塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
62 H28.6 着火・物損 集合住宅において、屋外式給湯暖房機の前板の変形が発生した。原因は、外壁塗装業者が工事の際に当該機器の排気口を養生シートで覆ったため給排気不良状態となり、顧客が当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再度の点火の際に未燃ガスが一気に燃焼し、前板の変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足 「塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
63 H28.6 着火・物損 集合住宅における定期保安巡回時に、過去に発生したガスストーブに接続されたスリムプラグ(ホースエンド式ガス機器とガスコードを接続するためのガス機器用プラグ)の一部焼損が判明した。原因は、顧客自身が取り付けたスリムプラグの挿入不足により、漏えいしたガスにストーブの火が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像 接続不良 適切な接続の注意喚起
ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
64 H28.6 交通困難 協力会社が道路面でガスの反応を確認。道路埋設の供給管(アスファルトジュート巻き鋼管)腐食部分からのガス漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員3.5m、延長40m、東西道路:幅員2.3m、延長40m)の交通規制が実施された(42分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
65 H28.6 供給支障 協力会社が作業手順を誤り、上流側のガス遮断をせずにバイパスの継手を外したためガスが噴出し、周辺の供給圧力が低下、マイコンメーターがガスを遮断したことにより供給支障が発生した(53戸・6時間46分)。 作業手順の誤り 確実な作業確認の徹底
66 H28.6 着火・物損 集合住宅において、ガス瞬間湯沸器の本体下部ホースエンド継ぎ手部付近の一部焼損が発生した。原因は、顧客自身による湯沸器の取付け時、湯沸器のガス接続口とホースエンドをネジ接続する際、締め付け不良により、漏えいしたガスに湯沸器の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像 接続不良 適切な接続の注意喚起
67 H28.6 交通困難 協力会社が定期漏えい調査において、歩道上でガス反応を確認。本管(ねずみ鋳鉄管)継手部が何らかの外力により緩みガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員6.0m、延長70m)の交通規制が実施された(1時間5分)。 経年劣化及びその他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
68 H28.7 着火・物損 業務用厨房において、鋳物コンロ接続のガスソフトコードの一部焼損が発生した。原因は、ガスソフトコードの経年劣化に加え、調理の熱で劣化を早めたことにより、漏れたガスに引火し、ガスソフトコードが焼損したものと推定される。 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
69 H28.7 着火・物損 業務用厨房において、業務用めんゆで器(三口釜)の点火用ガスソフトコードの一部焼損が発生した。原因は、塩分を含んだ液体(うどん出汁やゆで汁)が断続的にかかる環境下にあって、当該機器の配管継ぎ手部の腐食が進行したことにより、漏れたガスに引火し、ガスソフトコードが焼損したものと推定される。(画像 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
70 H28.7 避難 他工事業者(解体工事業者)が掘削機で灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺住民(2名)の避難が実施された(40分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
71 H28.7 着火・物損 業務用建物の住居部分において、ガステーブルコンロ本体の裏面のホースエンド付近とゴム管等の一部焼損が発生した。原因は、ガステーブルコンロホースエンド部へのゴム管差し込み不足により漏えいしたガスに、コンロの炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。 接続不良 適切な接続の注意喚起
ガス機器の安全使用等の周知
72 H28.7 着火・物損 一般住宅において、屋外式ガスふろ給湯器の排気筒の変形が発生した。原因は、当該機器内部の水漏れにより点火不良となり、その状態で点火操作を繰り返し行ったことで、機器内に未燃ガスが滞留し、その後、点火操作の際に滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、当該機器排気筒の一部変形に至ったものと推定される。 機器の不具合 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
73 H28.7 交通困難 警察からガス臭気ありの通報を受け、ガス事業者が灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)埋設部でガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員3.0m、延長30m、東西道路:歩道幅員4.0m、延長60m)の交通規制が実施された(南北道路:1時間25分、東西道路:55分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
74 H28.7 着火・交通困難 他工事業者(解体工事業者)が解体用つかみ機で灯外内管(亜鉛メッキ鋼管:架空)を破損し、漏えいしたガスに着火(負傷者なし)したため、周辺道路(東西歩道:@幅員8.5m、延長49m・A幅員7.0m、延長107m、南北歩道:幅員6.0m、延長121m)の交通規制が実施された(1時間3分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
75 H28.7 交通困難 他工事業者(解体工事業者)が掘削機で支管(ポリエチレン管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員5.0m、延長40m)の交通規制が実施された(23分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
76 H28.7 着火・物損 集合住宅において、顧客の依頼によるレンジフード型給湯器の修理訪問時に当該機器の側板変形が判明した。原因は、給湯器のガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増え、偶発的に異常着火したもの等と推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換の実施及び機器の異常に気づいた場合の措置等を周知
77 H28.7 着火・物損 集合住宅において、定期保安巡回時にパイプシャフト内設置のふろ給湯器の前板変形が判明した。原因は、大規模改修工事に伴い機器が養生シートで覆われていたことで給排気不良状態となり、顧客が当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再点火の際に、滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、当該機器の前板の一部変形に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足 「塗装工事業者へ養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用しないこと」の注意喚起の周知徹底
78 H28.8 着火・物損 業務用厨房において、業務用オーブン(ピザ窯)点火時に顔と手に軽度の火傷を負う事故が発生した。原因はピザ窯の点火状況の確認ミスにより、未燃ガスが放出され続ける状態になり、機器内にガスが滞留し、改めて点火したところ、滞留していたガスに異常着火したものと推定される。 操作ミス 適正な操作の注意喚起
79 H28.8 避難 他工事業者(解体工事業者)がバックホーで灯外内管(ポリエチレン管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺建物にいた18名の避難が実施された(13分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
80 H28.8 交通困難 他工事業者(建設工事業者)がバックホーで灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員3.8m、延長40m)の交通規制が実施された(18分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
81 H28.8 交通困難 他工事業者(建設工事業者)がアイオン(破砕重機)で灯外内管(ポリエチレン管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員5.0m、延長63m)の交通規制が実施された(34分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
82 H28.8 着火・物損 高層建物において、定期保安巡回時にパイプシャフト内設置のふろ給湯器の前板変形が判明した。原因は何らかの要因により吸排気部が閉塞されたことで給排気不良状態となり、顧客が当該機器を使用したため、機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再点火の際に、滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、当該機器の前板の一部変形に至ったものと推定される。 機器の不具合 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
83 H28.8 交通困難・避難 他工事業者(下水工事業者)がカッターで供給管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員7.5m、延長100m)の交通規制(1時間35分)並びに周辺住民・店舗従業員及び来店客(約100名)の避難が実施された(1時間23分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
84 H28.8 着火・交通困難 他工事業者(建設工事業者)がディスクグラインダーで灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えい着火したため、周辺道路(東西道路:幅員5.5m、延長101m)の交通規制が実施された(53分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
85 H28.8 CO中毒 業務用建物(理髪店)において、従業員1名が軽症を負うCO中毒事故が発生した。原因はタオル蒸し器の整備不良による不完全燃焼により発生した一酸化炭素が店内の換気不足(換気扇不使用)により店内に滞留し、CO中毒に至ったと推定される。 機器の整備不良、換気不良 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知、換気装置の使用の徹底
86 H28.9 交通困難 他工事業者(建築工事業者)がカッターで灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員5.9m、延長112m)の交通規制が実施された(57分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
87 H28.9 着火・物損 一般住宅において、風呂釜((株)オカキン製)のバーナー部の焼損が発生した。当該バーナーは、リコール対象製品((株)世田谷製作所製TA−097UET、製造年月:1997年9月〜2006年5月)を使用しており、原因は製品欠陥による過大な外力と経年劣化により、機器内部のゴム製ダイヤフラムに亀裂が生じ、漏えいしたガスに当該機器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像
「ふろがま及びふろバーナー」をご使用のお客様へお詫びとお願い(オカキンWebサイトへ)
再度のお詫びとお願い(世田谷製作所Webサイトへ)
機器の不具合 機器製造事業者による早期回収及び自主点検
88 H28.9 着火・物損 集合住宅において、定期保安巡回点検時に、パイプシャフト内設置の風呂給湯器の前板変形が判明した。何らかの要因により給排気部が閉塞されたことなどにより給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再度の機器の使用による点火動作の際に滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、前板の一部変形に至ったものと推定される。 不明 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
89 H28.9 交通困難 他工事業者(解体工事業者)がバックホーで灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員8.5m、延長180m)の交通規制が実施された(48分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
90 H28.9 交通困難・避難 他工事業者(解体工事業者)がバックホーで灯外内管(塩化ビニルライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員3.5m、延長70m、南北道路:幅員3.5m、延長27m)の交通規制(1時間26分)及び周辺住民(4名)の避難が実施された(1時間26分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
91 H28.9 着火・物損 飲食店において、食器洗浄機に接続された金属可とう管の一部と電気コードの一部の焼損が発生した。原因は食器洗浄機の振動等による微小な繰り返し荷重により金属可とう管に疲労亀裂が生じ、漏えいしたガスに食器洗浄機を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像 経年劣化 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
92 H28.9 着火・物損 集合住宅において、レンジフード型給湯器の訪問修理をした際、当該機器の側板変形が判明した。原因は給湯器のガス元電磁弁が何らかの要因で一時的に閉弁遅れとなり、点火時のガス量が増え、偶発的に異常着火したもの等と推定される。 機器の不具合 ガス元電磁弁の部品交換の実施及び機器の異常に気づいた場合の措置等を周知
93 H28.9 供給支障 道路崩壊により本支管(アスファルトジュート巻き鋼管)が折損しガスが漏えいしたため、特定製造所のバルブを閉止した結果、供給支障(1037戸)が発生した。 その他 被害を最小限にするためのバルブの設置、ポリエチレン管への入替
94 H28.9 交通困難 他工事業者(電話工事業者)がバールで供給管(ポリエチレン管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員6.5m、延長85m)の交通規制が実施された(1時間15分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
95 H28.9 交通困難 他工事業者(水道工事業者)がカッターで供給管(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員6.7m、延長170m)の交通規制が実施された(3時間10分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
96 H28.9 供給支障 需要家からガスが出ないとの通報を受け調査したところ、新規需要家への供給管設置工事において供給管の施工不良による、本管(ポリエチレン管)への差し水により、供給支障が発生した(37戸・9時間20分)。 作業方法の不備 確実な作業方法の徹底
97 H28.9 交通困難・避難 マンション住人からガスの臭気ありの通報を受け、灯外内管(塩ビライニング管)の継ぎ手ネジ部でガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員3.0m、延長30m、東西道路:幅員5.0m、延長210m)の交通規制(37分間)及び周辺住民(約40名)の避難が実施された(37分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
98 H28.10 着火・物損 集合住宅において、定期保安巡回点検時にコンロ下部キャビネット内の壁の一部焼損が判明した。原因は何らかの要因でキャビネット内のガス栓の検査口のボルトが緩んだところに当該ガス栓が半開となったことから、検査口からガスが漏えい。何らかの原因により引火し、キャビネット内の壁の焼損に至ったものと推定される。(画像 不明(ガス栓検査口のボルトの緩み) ガス栓の日常管理・点検の必要性の周知
99 H28.10 着火・物損 一般住宅において、定期保安巡回点検時に強制給排気式(FF)給湯暖房機の前板変形が判明した。何らかの要因により給排気部が閉塞されたことなどにより給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再度の機器の使用による点火動作の際に滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、前板の一部変形に至ったものと推定される。 不明 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
100 H28.10 着火・物損 一般住宅において、定期保安巡回点検時に炊飯器の点火確認窓及び機器接続部上部の焼損を発見した。原因は炊飯器ホースエンド部へのソフトコード(ゴム管)の差し込み不足によりガスが漏えい。炊飯器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。 接続不良 適切な接続の注意喚起
101 H28.10 交通困難・避難 他工事業者(解体工事業者)がバックホウで灯外内管(塩化ビニルライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員4m、延長18m、南北道路:幅員4m、延長12m)の交通規制及び避難(5名)が実施された(2時間26分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
102 H28.10 交通困難 自動車の衝突により灯外内管及び灯内内管(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員2.8m、延長100m)の交通規制が実施された(44分間)。 その他(自動車事故) -
103 H28.10 着火・物損 集合住宅において、ガス小型湯沸器、台所の壁及び換気扇の焼損が発生した。原因は顧客施工により行った強化ガスホースの締め付け不足(手締め)及び接続部のパッキンが取付けられていなかったことによりガスが漏えい。ガス小型湯沸器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像等 接続不良 適切な接続の注意喚起
104 H28.10 着火・物損 一般業務用建物(学校)において、ガス栓に接続した迅速継ぎ手の焼損が発生した。原因は何らかの要因で迅速継ぎ手とガス栓の接続が不完全な状態となり、ガスが漏えい。業務用コンロ使用時の炎が引火し、迅速継ぎ手の焼損に至ったものと推定される。(画像等 接続不良 適切な接続の注意喚起
105 H28.10 交通困難 通行人からガスの臭気ありの通報を受け、灯外内管(塩化ビニルライニング鋼管)からのガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員4.1m、延長100m)の交通規制が実施された(34分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
106 H28.10 交通困難・避難 自動車の衝突により灯外内管(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員15m、延長300m)の交通規制(1時間51分)及び周辺住民(10名)の避難が実施された(1時間25分)。 その他(自動車事故) -
107 H28.10 着火・物損 集合住宅において、風呂釜((株)オカキン製)のバーナー部の焼損が発生した。当該バーナーは、リコール対象製品((株)世田谷製作所製TA−OK270UET、製造年月:1997年8月〜2006年5月)を使用しており、原因はバーナー部内の部品の設計不良により、ガバナ部(整圧器)のゴム製ダイヤフラム(ガスの供給圧力の変動に応じて動く弁)に過大な応力が加わったことと、経年劣化により、亀裂が生じ、ガスが漏えい。当該機器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。
「ふろがま及びふろバーナー」をご使用のお客様へお詫びとお願い(オカキンWebサイトへ)
再度のお詫びとお願い(世田谷製作所Webサイトへ)
機器の不具合 機器製造事業者による早期回収及び自主点検
108 H28.10 着火・物損 一般住宅において、ガスコンビネーションレンジ背面及び金属可とう管等の一部焼損が発生した。原因はガスコンロをIHコンロに取替えた際、設置業者がガスコンビネーションレンジからコンロにつながっていた金属可とう管のプラグ止めをしていなかったため、当該機器使用のためガス栓を開放した際、金属可とう管下流側からガスが漏えい。当該機器使用時の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像
ガス機器から電気機器への取替えを行う方へのお願い
IHコンロ設置業者の不注意 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
109 H28.10 供給支障 他工事業者(設備工事業者)がコアドリルで灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、供給支障が発生した(118戸・7時間9分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
110 H28.10 交通困難 他工事業者(土質調査業者)がボーリングマシーンで灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(歩道:幅員2.3m、延長42m)の交通規制が実施された(2時間14分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
111 H28.10 交通困難 自動車の衝突により灯外内管(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員3.4m、延長70m)の交通規制が実施された(50分間)。 その他(自動車事故) -
112 H28.11 着火・物損 集合住宅において、定期保安巡回点検時にパイプシャフト内設置の大型給湯器の前板変形が判明した。原因は何らかの要因により給排気部が閉塞されたことなどにより給排気不良状態となり、当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再度の機器の使用による点火動作の際に滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、前板の一部変形に至ったものと推定される。 不明 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
113 H28.11 交通困難 自動車の衝突により灯外内管継手部(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員5.5m、延長55m)の交通規制が実施された(50分間)。 その他(自動車事故) -
114 H28.11 交通困難 他工事業者(建築工事業者)がカッターで灯外内管(白管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員3.5m、延長54m)の交通規制が実施された(46分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
115 H28.11 着火・物損 集合住宅において、リフォーム業者が設置したガス小型湯沸器内の電気回路導線の一部焼損が発生した。原因は機器のガス接続口とホースエンド部材の締め込みが不足していたため、ガスが漏えい。当該機器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像等 接続不良 適切な接続の注意喚起
116 H28.11 交通困難 顧客からガスの臭気ありの通報を受け調査したところ 、敷地境界付近の配管(ポリエチレンライニング鋼管)でガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員6.5m、延長67m)の交通規制が実施された(47分間)。 不明 埋設管の定期点検の継続実施
117 H28.11 交通困難 顧客からガス警報器が作動し臭気ありの通報を受け調査したところ、集合住宅の灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)でガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員6.5m、延長56m、東西道路:幅員4.7m、延長32m)の交通規制が実施された(2時間47分)。 不明 埋設管の定期点検の継続実施
118 H28.11 着火・物損 一般住宅において、二口ペアガス栓のつまみ部及びガス栓キャップの一部焼損が発生した。原因は二口ペアガス栓の未使用側を誤って開放したため、ガスが漏えい。何らかの着火元により引火し、焼損に至ったものと推定される。なお、未使用側のガス栓はキャップが装着され、ヒューズ機能付きであったが、ガス栓キャップ内側及びガス栓コンセント口に油汚れと思われる付着物があり、キャップのシール性能が不安定となり、ヒューズ機能が働かない程度の微量なガス漏れが生じたものと推定される。(画像 操作ミス(誤開放) 適切な操作の注意喚起
ガス栓の日常管理・点検の必要性の周知
119 H28.11 交通困難 自動車の衝突により灯外内管継手部(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員8.0m、延長160m)の交通規制が実施された(50分間)。 その他(自動車事故)
120 H28.11 着火・物損 一般住宅において、ガスビルトインコンロ底部及び金属可とう管の一部焼損が発生した。原因は金属可とう管接続部が何らかの要因で締め込み不足となり、その状態でキャビネット内の調理器具が繰り返し接触したことにより、接続部が緩み、ガスが漏えい。何らかの着火元により引火し、コンロ底部等の焼損に至ったものと推定される。(画像 接続不良 適切な接続の注意喚起
ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
121 H28.11 着火・物損 飲食店厨房において、ソフトコード(ゴム管)、付近の容器、ベニヤ板の一部焼損が発生した。原因はテーブルコンロを使用しようとガス栓を操作した際、隣接したガス機器未接続のガス栓(ソフトコードのみ接続しており、その先端は開放状態)も誤って開放し、ガスが漏えい。コンロに点火した際の炎が引火し、ソフトコード等の焼損に至ったものと推定される。(画像 操作ミス(誤開放) 適切な操作の注意喚起
ガス漏れ警報器の設置の推奨
ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
122 H28.11 交通困難・避難 他工事業者(建築工事業者)がオーガで灯外内管(ポリエチレン管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員5.0m、延長100m、南北道路:幅員6.0m、延長130m)の交通規制(1時間5分)及び周辺住民(8名)の避難が実施された(1時間5分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
123 H28.12 交通困難・避難 他工事業者(下水道工事業者)がカッターで供給管(塩ビライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員2.5m、延長70m)の交通規制(53分間)及び周辺住民(7名)の避難が実施された(40分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
124 H28.12 交通困難・避難 顧客からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、支管継手部(ポリエチレンライニング鋼管)からガスの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員6.0m、延長53m・東西道路:幅員3.0m、延長44m)の交通規制及び周辺住民(約43名)の避難が実施された(4時間12分)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
125 H28.12 交通困難 消防からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、灯外内管継手部(アスファルトジュート巻き鋼管)からの漏えいを確認したため、周辺道路(南北道路:幅員7.9m、延長40m・東西道路:幅員7.5m、延長70m)の交通規制が実施された(43分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
126 H28.12 交通困難 消防からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、支管(アスファルトジュート巻き鋼管)からの漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員5.0m、延長32m)の交通規制が実施された(32分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
127 H28.12 着火・物損 一般業務用建物(学校)において、ガスストーブ接続のソフトコード(ゴム管)の一部焼損が発生した。原因はガスコードを使用すべき接続口へソフトコードを差し込んだことから不完全な接続となり、当該接続部から漏えいしたガスにガスストーブ使用時の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像等 接続不良 適切な接続の注意喚起
128 H28.12 交通困難・避難 他工事業者(道路工事業者)がカッターで灯外内管継手部(亜鉛メッキ鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員2.6m、延長100m・東西道路:幅員2.3m、延長35m)の交通規制(45分間)及び周辺住民の避難が実施された(人数不明)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
129 H28.12 着火・物損 一般住宅において、定期保安巡回点検時にクッキングテーブル機器操作部の焼損が判明した。原因は事故当時の接続ゴム管が撤去され、詳細は不明であるが、何らかの要因で機器側接続部周辺から漏えいしたガスに何らかの着火元により引火し、焼損に至ったものと推定される。 不明 ガス機器の日常管理・点検の必要性の周知
130 H28.12 着火・物損 集合住宅において、パイプシャフト内設置の給湯暖房機の前板変形、パイプシャフトの扉の変形・外れ及び機器吸音材の焼損が発生した。原因は外壁塗装工事のため塗装業者により機器が養生シートで覆われていたことで給排気不良状態となり、顧客が当該機器を使用したことで機器内に未燃ガスが滞留し、その後の再点火の際に、滞留した未燃ガスが一気に燃焼し、当該機器の前板の変形等に至ったものと推定される。
塗装工事業者の皆様へ塗装工事中の事故防止のお願い
(経済産業省Webサイトへ)
塗装工事業者の認識不足 塗装工事業者へ「養生シート等で屋外設置型機器及び給排気設備を囲った状態で使用させないこと」の注意喚起を周知徹底
131 H28.12 交通困難 他工事業者(電気工事業者)がコアドリルで灯外内管継手部(ポリエチレンライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員12m、延長150m・南北道路:幅員12m、延長50m)の交通規制が実施された(1時間30分)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
132 H28.12 交通困難・避難 他工事業者からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、灯外内管(ポリエチレンライニング鋼管)からのガスの漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員5.9m、延長25m)の交通規制(37分間)及び周辺住民(1名)の避難が実施された(37分間)。 その他(物理的外力) 埋設管の定期点検の継続実施
133 H28.12 交通困難 定期保安巡回点検担当者からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、灯外内管(アスファルトジュート巻き鋼管)からの漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員6.5m、延長10m)の交通規制が実施された(44分間)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
134 H28.12 交通困難 自動車の衝突により灯外内管継手部(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員3.5m、延長80m)の交通規制が実施された(44分間)。 その他(自動車事故) -
135 H28.12 交通困難 消防からガス臭気ありの通報を受け調査したところ、本管継手部(ダクタイル鋳鉄管)からの漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員5.1m、延長62m)の交通規制が実施された(3時間56分)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
136 H28.12 交通困難・避難 他工事業者(建築工事業者)が電動ブレーカーで灯外内管継手部(塩ビライニング鋼管)を破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(東西道路:幅員5.5m、延長10m)の交通規制(30分間)及び周辺住民(2名)の避難が実施された(30分間)。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
137 H28.12 交通困難 通行人からガス臭気ありとの通報を受け調査したところ、支管継手部(アスファルトジュート巻鋼管)からの漏えいを確認したため、周辺道路(東西道路:幅員5.0m、延長145m、南北道路:幅員5.0m、延長440m)の交通規制が実施された(2時間48分)。 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
138 H28.12 着火・物損 一般住宅において、定期保安巡回点検時にクッキングテーブル機器本体ガス通路部及びテーブル下部の一部焼損が判明した。原因は機器本体ガス通路部(ホースエンド接続部)袋ナット内に使用されているシールパッキンが経年劣化により変形し、シール性が低下したため、漏えいしたガスに当該機器使用時の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。(画像 経年劣化 埋設管の定期点検の継続実施
139 H28.12 着火・物損 集合住宅において、定期保安巡回点検時に小型湯沸器設置壁面の焦げ跡を発見した。原因は機器設置業者が湯沸器と強化ガスホースの取付けを行った際、不要なシール材(ガス配管の施工時に使用するシリコーン)を使用したことにより、異物を噛んだような状態で締め込み不足となり、パッキンでのシール性が損なわれ、漏れたガスに湯沸器を使用した際の炎が引火し、焼損に至ったものと推定される。 接続不良 適切な接続の注意喚起
140 H28.12 交通困難 自動車の衝突により灯外内管及び灯内内管の継手部(亜鉛メッキ鋼管)が破損し、ガスが漏えいしたため、周辺道路(南北道路:幅員7.5m、延長87m)の交通規制が実施された(1時間30分)。 その他(自動車事故) -
141 H28.12 着火・物損 一般住宅において、定期保安巡回点検時、一口コンロ接続の迅速継手の焼損跡を確認した。原因は一口コンロに取り付けられたソケットへのプラグの差し込み不足によりガスが漏えいし、コンロ使用時の炎により引火し焼損に至ったものと推定される。 接続不良 適切な接続の注意喚起

 

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 保安課
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6050   (直通)
    <FAX>  06-6966-6093    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.