ガス・火薬類等の保安

TOPページ > ガス・火薬類等の保安 > ガスシステム改革と保安

ガスシステム改革と保安

ガス事業法等の改正と保安の確保

ガスシステム改革として、ガスの小売全面自由化の内容を含む「電気事業法等の一部を改正する法律」が、平成27年6月17日に成立し、ガス事業法が改正されることとなりました。
 改正後のガス事業法では、保安面について、新たに規定された各事業者の責任が規定されています。 ガス小売事業者についても、消費機器の調査・危険発生防止周知等の保安業務及び保安業務規程の作成・届出が義務付けられています。

また、ガス事業法と液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律の対象となる事業において、事業形態が類似していながら保安規制が異なっていた点について、可能な限りの整合化が図られる予定です。

このページでは、ガスシステム改革について経済産業省等がウェブサイトに掲載している情報(主に保安面)へのリンクを掲載します。
※ ガス事業の実施に関しては、近畿経済産業局ウェブサイト(施策のご案内-ガス)をご覧ください。 別ウィンドウで開きます

小売全面自由化後の事業類型について
小売全面自由化後の事業類型について
改正ガス事業法における保安責任区分
改正ガス事業法における保安責任区分
ガス小売事業者等の保安業務関係リンク

(経済産業省ウェブサイトへのリンク)

モデル保安業務規程
【省令】ガス小売事業者等の保安業務に関する省令(改正ガス事業法施行規則の施行(H29.4.1)により廃止)
ガス事業者間における保安の確保のための連携及び協力に関するガイドライン
一般ガス事業者による自主保安の取組事例(消費機器調査・周知)
ガス保安見える化/ガスホ
ガスシステム改革・法改正・省令制定経緯関係リンク

(経済産業省、資源エネルギー庁又は電子政府の総合窓口(e-Gov)ウェブサイトへのリンク)

ガスシステム改革全般
【法律】ガス事業法
【政令】ガス事業法施行令等
【省令】ガス事業法施行規則
【省令】ガス報告規則
【省令】法律の経過措置省令
【省令】ガス小売事業者保安省令(廃止)
【告示】
【内規】

ページトップへ