中部近畿産業保安監督部近畿支部ホーム > 鉱山保安 >  平成29年度作業監督者等研修「リスクアセスメント」概要

平成29年度中部近畿産業保安監督部近畿支部 作業監督者等研修
「リスクアセスメント」概要

中部近畿産業保安監督部近畿支部
鉱山保安課 総括係
TEL  06-6966-6062  (直通)

最終更新日:平成29年11月30日

 

 平成29年11月21日〜22日に作業監督者又はそれになろうとする者を対象に、リスクアセスメントについて、下記のとおり研修を開催しました。

 

1.日 時 平成29年11月21日(火)〜11月22日(水)

2.場 所 大阪合同庁舎第1号館 第2別館3階ミーティングルームB
      (大阪市中央区大手前1−5−44)

3.講 師 豊田安全衛生マネジメント株式会社
        安全推進部 課長 麻生 康司

4.受講者 管内鉱山11名

5.研修概要

 (1)開所式
 本間支部長より開所の挨拶を行いました。


 (2)鉱山における「リスクアセスメント」の基礎及び進め方(講義)
 昨今の災害発生動向、事業者責任、保安対策の変化、「安全」の考え方、「リスク」の考え方、リスクアセスメントの手順、評価の方法及びリスク低減対策の考え方等について講義が行われ ました。
 受講生は熱心に聴講していました。

 (3)鉱山における「リスクアセスメント」演習
 「管理・監督者の役割と責任」のビデオ映像をもとに、管理・監督者としての対応の問題点と対応策をグループで検討を行いました。
 場内の貨物輸送、車の清掃作業及びベルトコンベアによる2階への荷物搬入作業についてリスクの抽出を行った後是正策の検討を行いました。「リスクアセスメント(工作機械作業編)」及び「職場巡視の効果的な進め方」のビデオ鑑賞後、「ダンボールの開梱作業」及び「コンテナの積み込み」について、グループによりリスク評価・是正措置の検討を行い、各チームより発表が行われました。
 受講生は活発に意見交換を行っていました。

 (4)閉所式
 土屋鉱山保安課長から、受講生に対し修了証書を交付し、閉所の挨拶を行いました。 


 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 鉱山保安課 総括係
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6062   (直通)
    <FAX>  06-6966-6094    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.