中部近畿産業保安監督部近畿支部ホーム > 鉱山保安 >  平成30年度保安統括者会議 概要
中部近畿産業保安監督部近畿支部
鉱山保安課 総括係
TEL  06-6966-6062  (直通)

最終更新日:平成30年6月13日

平成30年度保安統括者会議 概要

 平成30年5月31日(木曜日)13時00分から14時50分まで、KKRホテル大阪 白鳥の間において、平成30年度保安統括者会議を開催しましたので、その概要をお知らせします。

【議事概要】

1.支部長挨拶 (概要抜粋)

・昨年の全国の災害発生状況は、罹災者は全国で31名と平成28年の16名から大幅に増加しており、第12次鉱業労働災害防止計画の中で最悪の状況となってしまいました。本年に入りましても、4月末時点で、既に8名の方が罹災されています。
・当支部では昨年4月と7月にいずれも墜落による災害が発生し、計3名の方が罹災されました。このような災害を撲滅するため、保安責任者自ら率先して鉱山保安マネジメントシステムの導入・運用の深化に取り組んで頂き、関係者一丸となって災害防止に対する取組みを確実に進めて頂きたい。
・経済産業本省及び各産業保安監督部におきましては、あらたに定めた第13次鉱業労働災害防止計画に基づき、鉱山保安マネジメントシステムの導入促進、自主保安の推進と安全文化の醸成、重篤災害や発生頻度が高い災害防止対策の推進等について、取り組んでまいります。

2.議  題

(1)第13次鉱業労働災害防止計画について

 第12次鉱業労働災害防止計画の評価、第13次鉱業労働災害防止計画の概要について、資料に基づき説明した。(資料1〜5)

(2)鉱山災害・鉱害等発生状況について

 平成29年の鉱山災害・鉱害等発生状況について、資料に基づき説明した。 (資料6−1〜3)

(3)平成29年度立入検査結果について

 平成29年度の立入検査(保安検査)における指摘事項について、資料に基づき説明した。 (資料7)

(4)平成30年度鉱山保安監督指導方針について

 災害発生状況及び第13次鉱業労働災害防止計画を踏まえて作成した、平成30年度鉱山保安監督指導方針について、資料に基づき説明した。 (資料8)

(5)平成30年「保安検査」の実施及び鉱山保安マネジメントの評価について

 保安検査の頻度の見直し及び鉱山保安マネジメントシステムの自己評価について、資料に基づき説明した。(資料9)

 <質疑応答> 

Q.立入検査の指摘内容のうち「自動車のエンジンキー携帯」の内容は?
A.鉱山車両から離れる時にキーをさしたままにしておくと、資格のない人が動かす可能性がある。 保安規程に定めていて守られていない場合に指摘する。

(7)その他

・鉱業上使用する工作物等の保安距離等を定める告示の一部の改定について 

 鉱業上使用する工作物等の保安距離等を定める告示について、他法令の条ずれに伴う改正を資料に基づき説明した。 (資料10−1)

・鉱山保安法適用施設における水銀・カドミウム環境規制に関する省令の改正について

 水銀に関する水俣条約の発効に伴う改正及びカドミウム判定基準改正に伴う鉱山保安法施行規則等の改正について資料に基づき説明した。 (資料10−2)

・産業保安法令手続きの電子申請について

 産業保安Gで進められている電子申請について進捗状況を資料に基づき説明した。 (資料11−1)

・平成30年度行事予定

 平成30年度において経済産業省又は当支部が主催で実施する行事並びに関係団体が主催する教育関係行事について、資料に基づき説明し、積極的な参加を呼びかけた。(資料11−2)

・事務連絡(緊急連絡先等)

 災害等が発生した際は、夜間・休日であっても、当支部の緊急連絡先に連絡するよう周知した。震度4以下で被害のない場合は報告しなくてよいことを周知した。(資料11−3)  

 <全体質疑応答> 

Q.カドミウムの基準が0.3から0.09に変わったが、坑水にも適用されるのか
A.適用されない
Q.第13次計画の鉱種の違いによる活動とはどのようなものか?
A.石灰石などは業界団体があって情報交換をしているが、非金属には団体がない。地域ごとの団体もあるが九州においては団体に入っていない鉱山を団体に入ってもらう活動をしている。近畿でも団体の活動は活発と聞いている。連携により自主保安が進むというデータも出ているので13次に入れている。

3.平成30年度鉱山保安標語表彰

 鉱山保安週間の行事として募集した鉱山保安標語について、選考の結果、特選及び入選とした計4句について、支部長から表彰を行った。

(配布資料)
資料番号 資料名 PDF形式

第12次鉱業労働災害防止計画の評価について(ダイジェスト版)

1793KB

第13次鉱業労働災害防止計画(平成30〜34年度)の概要

295KB

第十三次鉱業労働災害防止計画(平成30年3月30日経済産業省告示第五十六号)

245KB

「鉱山保安マネジメントシステム」の導入・運用の深化に向けた手引書<第13次鉱業労働災害防止計画向け改訂版>

695KB

「鉱山保安マネジメントシステム」の導入・運用の深化に向けた手引書(第13次鉱業労働災害防止計画向け改訂版の概要)

562KB
6−1

平成29年全国鉱山災害発生状況 及び平成30年(3月末現在)全国鉱山災害発生状況

488KB
6−2

平成24年〜平成29年近畿管内鉱山災害統計表

106KB
6−3

平成27年〜平成29年近畿管内鉱山事由別災害統計表

78KB

立入検査における検査概要での指摘内容(平成29年度)

71KB

平成30年度鉱山保安監督指導方針、新旧対照表

303KB

平成30年度「保安検査」の実施及び鉱山保安マネジメントシステムの評価について

99KB
10−1

鉱業上使用する工作物等の保安距離等を定める告示の一部を改正する告示

217KB
10−2

鉱山保安法適用施設における水銀・カドミウムの環境規制に関する省令の改正

596KB
11−1

産業保安法令手続きの電子申請について

465KB
11−2

平成30年度行事予定について

88KB
11−3

鉱山保安課機構図、災害等発生時及び地震発生時の連絡先

(略)

 

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 鉱山保安課 総括係
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6062   (直通)
    <FAX>  06-6966-6094    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.