中部近畿産業保安監督部近畿支部ホーム > 鉱山保安 >  平成29年度中部近畿地方鉱山保安協議会近畿地区部会 概要
中部近畿産業保安監督部近畿支部
鉱山保安課 総括係
TEL  06-6966-6062  (直通)

最終更新日:平成30年3月23日

平成29年度中部近畿地方鉱山保安協議会近畿地区部会 概要

 平成30年3月7日(水)に平成29年度中部近畿地方鉱山保安協議会近畿地区部会を下記のとおり開催しました。                                                      

1.日時:平成30年3月7日 15:00〜17:00
2.場所:大阪合同庁舎第1号館 第1別館3階 303共用会議室
3.出席者:中部近畿地方鉱山保安協議会近畿地区部会委員 7名 (2名欠席)
4.議題〔報告事項〕
 (1) 中央鉱山保安協議会の動向及び関係法令の改正について
 (2) 近畿管内の鉱山概況について
 (3) 最近の災害・鉱害発生状況について
 (4) 第13次鉱業労働災害防止計画(案)について
 (5) 平成30年度鉱山保安監督指導方針(案)について
 (6) 各委員からの報告・意見等

【議事概要】

        ○報告事項(1)について、事務局から資料に基づき説明した。
        委員からは主な意見は、次のとおり。

■資料1−3中第5次基本方針終了時点での義務者存在分の工事達成率の見込みが55%となっているが、時間をかけて100%を目指すものなのか。
・(事務局回答)平成30年度に予算が多く付いたことから、加速的に工事を進めていきたい。

       ○報告事項(2)について、事務局から資料に基づき説明した。
         委員からは、特段の意見はなかった。

       ○報告事項(3)について、事務局から資料に基づき説明した。
          委員からの主な意見は、次のとおり。

■平成22年から平成28年は罹災者が減っているが、平成29年は増えたということは若い人の罹災者が増えたということでいいのか。
・(事務局回答)そのとおりである。

       ○報告事項(4)について、事務局から資料に基づき説明した。
          委員からの主な意見は、次のとおり。

■事故を起こしているいるのはリスクマネジメントを行っていない鉱山か。
・(事務局回答)近畿では導入しているところで発生している。大規模な鉱山では作業する内容が多いので、細かいところまでリスクをみることができない。リスクを見ていないところで事故が発生した。

■ガイドブックの周知については、ガイドブックを作るだけでなく、人を派遣して周知するなど人とお金をかけて行う必要がある。サポートについて具体的に計画しているのか。
・(事務局回答)地域別の部会に職員を派遣して研修、講習を行うことを考えている。

       ○報告事項(5)について、事務局から資料に基づき説明した。
         委員からの主な意見は、次のとおり。

■マネジメントシステムのチェックリストは鉱山がチェックするものなのか。
・(事務局回答)鉱山が20項目について自己採点している。毎年の保安検査時に確認を行っている。第13次からチェックリストが変わり、これまで抽象的だったものがよりくわしくチェックできるようになる。

       ○報告事項(6)について、委員からは主な意見は、次のとおり。

■ISOは鉱山の負担になると思われる。鉱山が無理にやらないといけないのではなく、日本独自の方向でやってはどうかか。
・(事務局回答)大企業だといいが、中小零細鉱山ではマネジメントシステムは難しい。第13次計画でも中小零細鉱山を手厚く支援することとなっている。身の丈に合った服を着ればいいというように指導していきたい。

【配布資料
  
資料番号 資料名 PDF形式
1−1 鉱山保安協議会の開催状況 87KB
1−2 鉱山保安法施行規則等の一部改正について
1−3 「特定施設に係る鉱害防止事業の実施に関する基本方針(第5次基本方針)」の中間レビューについて
近畿管内の鉱山概況 (委員限り)
3−1 平成29年全国鉱山災害発生状況 380KB
参考グラフ 全国・近畿管内罹災者数/災害率の推移、事由別罹災者数 206KB
3−2 管内鉱山年別災害調(昭和25年〜) 114KB
3−3 平成24年〜平成29年近畿管内鉱山災害統計表 155KB
3−4 平成27年〜平成29年近畿管内鉱山事由別災害統計表 162KB
4−1 第13次鉱業労働災害防止計画(案)について
4−2 第13次鉱業労働災害防止計画案の概要
4−3 経済産業省告示案(第13次鉱業労働災害防止計画)
4−4 鉱業労働災害防止計画 新旧対照表
4−5 第13次鉱業労働災害防止計画における目標設定について(案)
4−6 第12次鉱業労働災害防止計画の評価について
平成30年度鉱山保安監督指導方針(案) 135KB
同 新旧表 146KB
参考1 産業保安法令手続きの電子申請について
参考2 鉱山保安情報(リーフレット)(平成29年3月以降発行分)
追加参考 資料 第13次鉱業労働災害防止計画を踏まえた施策のイメージ(案)

※ 資料1−2、資料1−3、資料4−1から4−6、参考1及び追加参考資料については、中央鉱山保安協議会(平成30年2月1日開催)において配付された資料ですので、「中央鉱山保安協議会(平成30年2月1日開催)‐配付資料」(経済産業省ウェブサイト) 別ウィンドウで開きますの同名称(資料番号は異なります)の資料をご参照ください。

* 参考2は経済産業省のウェブサイト「鉱山の安全」−「鉱山保安情報」  別ウィンドウで開きますに掲載されています。

  

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 鉱山保安課 総括係
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6062(直通)
    <FAX>  06-6966-6094    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.