中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全 > 電線付近での仮設足場の組立に関する注意喚起 

電線付近での仮設足場の組立に関する注意喚起  

令和元年8月13日

●仮設足場上での作業中に、作業員が感電する事故が発生しています●

 中部近畿産業保安監督部近畿支部管内においては、以前から仮設足場上での作業中に作業員が感電し、死亡又は負傷する事故が発生しており、当支部ウェブサイトや講習会等で注意喚起を行ってきましたが、今年度も残念ながら同様の事故が発生しました(事故事例参照)。
 足場組立作業に携わる皆様におかれましては十分注意いただくようお願い致します。

電線付近で仮設足場を組み立てる際の注意事項
①  配電線(6600V,200V,100V)から十分な安全距離(2m以上※)を確保してください。
②  十分な安全距離(2m以上※)を確保できない場合は、配電線の停電や移設、配電線への防護管の取付け等を行うよう、配電線の設置者に連絡してください。
※2m以上: 電力会社推奨の安全距離

電線付近で仮設足場を組み立てる際の連絡先
 ○関西電力の配電線付近での作業   
  関西電力 送配電ダイヤル 0800-777-3081(通話料無料)
 ○関西電力の配電線への防護管取付け依頼
  かんでんエンジニアリング防護管受付センター
  電話 0120-911-820(平日9:00~17:30)
  FAX 072-228-5520
○関西電力以外の工場・ビル等の配電線付近での作業
  工場・ビル等の設置者(電気主任技術者)に連絡してください。
 
事故事例(PDFファイル)

【お問合せ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
    <TEL> 
06-6966-6056(直通)
    <FAX>  06-6966-6092