中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全課 > 電気主任技術者免状交付申請について > 科目別必要単位について

科目別必要取得単位について

 免状交付申請に必要な関係学科の取得単位は別表第1、別表第2のとおりです。表中「授業科目」において、
 ◎科目は必修科目ですので、取得していない場合は、単位不足となります。

 [別表第1] 平成6年3月までの入学

科目区分

授業科目

大学等

短大等

高専等

高校等

a.電気・電子工学等の基礎

○電気磁気学

○電気回路理論

○電気計測

○電子回路理論

○電子工学

○システム基礎論

○電気電子物性

17

12

11

b.電気基礎実験

○電気基礎実験

[]

[]

[]

[]

 

a.発電、変電、送電、
 配電等

◎発電工学又は発電用原動機に関するもの

◎変電工学   ◎送電工学

◎配電工学(屋内配線を含む)

○高電圧工学

○システム工学

 

b.電気応用実験、電気実習

○電気応用実験  ○電気実習

[]

[]

[]

[]

c.電気製図

○電気製図

{}

{}

{}

{}

a.電気機器及び電気材料

○電気機器学

○電気材料

○パワーエレクトロニクス

 

 

 

 

b.電力応用

○照明     ○電熱

○電動機応用

○電気化学変換 ○電気光変換

○電気加工(放電応用を含む)

○自動制御又は制御工学

○メカトロニクス

c.電気応用実験、電気実習

○電気応用実験 ○電気実習

[]

[]

[]

[]

d.電気機器設計、製図

○電気機器設計

○自動設計製図(CAD)

○電子回路設計 ○電子製図

{}

{}

{}

{}

第四号に関するもの 

電気法規・電気施設管理

◎電気法規   ◎電気施設管理

[電気実験、電気実習]合計

{電気電子機器設計、製図}合計

 

[]

{}

43

[]

{}

33

[11]

{}

40

[10]

{}

26

(備考)

1.[電気実験、電気実習]合計、{電気機器設計、製図}合計において、必要取得単位数を満たしていれば各区分
  ごとに分けなくてもよい。

2.「電気応用実験、電気実習」、「電気製図」はそれぞれ区分2又は区分3の任意区分へ繰り入れてもよい。

3.高等学校等において、昭和41年7月9日以前に卒業した者は、[電気実験、電気実習]に関する科目の必要単
  位数は、8単位でよいものとする。

4.昭和43年3月末までに認定校を卒業した者は、「電気法規及び電気施設管理」の学科目については、履修しな
  くてもよいものとする。

5.高等学校等において、高等学校学習指導要領(S45.10.15)に規定された「電気工学I」、「電気工学II」及び「電気
  工学III」の科目により授業を受けたときは、電気工学I・・6単位以上、電気工学II・・7単位以上、電気工学III
  ・・4単位以上
 をもって表の区分1
a、2a、3ab及び4に該当するものとみなす。

 なお、「電気工学U」の全部又は一部にかえて「電気機器」、「発送配電」及び「電気応用」の科目の授業を行った
 場合は、これらの単位数の合計が上記の単位数を満足しなければならない。

6.高等学校等において、高等学校学習指導要領(S53.8.30)に規定された「電気基礎」、「電気技術I」及び「電気
  技術II」の科目により授業を受けたときは、電気基礎・・7単位以上、電気技術T・・6単位以上、電気技術U・・4
  単位以上
 をもって表の区分1
a、2a、3ab及び4に該当するものとみなす。

7.高等学校等において、高等学校学習指導要領(H1.3.15)に規定された「電気基礎」、「電子技術」、「電力技術」、
  「電気機器」及び「電力応用」の科目により授業を受けたときは、電気基礎・・7単位以上、電力技術・・3単位以
  上、電気機器・・3単位以上、電子技術・・2単位以上、電力応用・・2単位以上
 をもって表の区分1
a、2a、3ab
  
及び4に該当するものとみなす。
  また、「工業基礎(3単位)」または「課題研究(2単位以上)」の科目の内容が電気実験及び電気実習に密接に
  関連する内容のものであれば、「電気実験及び電気実習」の単位数をそれぞれ2単位を限度として減ずることがで
  きるものとする。

8.高等学校等において、表の区分1a、2a、3ab及び4の科目のうち1科目又は2科目について必要単位数より各1
  単位多く取得している場合、[電気実験、電気実習]の必要単位数をそれぞれ1単位又は2単位減ずることができ
  るものとする。

9.表の区分2aと4は合算した単位数がそれぞれ大学等・・8単位以上、短大、高専等・・6単位以上、高校等・・3単位以
  上を満足すればよいものとする。

 

[別表第2]平成6年4月以降の入学

科目区分

授業科目

大学等

短大等

高専等

高校等

a.電気・電子工学等の基礎

◎電気磁気学又は電磁気学

電気回路理論又は電気回路

◎電気計測又は電子計測

○電子回路理論又は電子回路

○電子工学又は電子デバイス工学

○システム基礎論

○電気電子物性

17

12

12

b.電気基礎実験、電子実験

◎電気基礎実験  ○電子実験

[]

[]

[]

[]

 

a.発電、変電、送電、配電
 電気材料等

◎発電工学又は発電用原動機に関するもの

◎変電工学   ◎送電工学

◎配電工学   ◎電気材料

○高電圧学

○エネルギー変換工学

○システム工学又は電力システム工学

○放電工学

○技術者倫理

 

b.電気応用実験、電気実習

◎電気応用実験

○電気実習   ○電子実習

[]

[]

[]

[]

c.電気製図

○電気製図

{}

{}

{}

{}

a.電気・電子機器、自動制 
 御、電気エネルギーの利 
 用、情報伝送・処理等

◎電気機器学

◎パワーエレクトロニクス

◎自動制御又は制御工学

○電動機応用  ○照明

○電気加工(放電応用を含む)

○電熱    ○メカトロニクス

○電気化学変換 ○電気光変換

○情報伝送及び処理

○電子計算機

○省エネルギー

 

10

 

 

 

b.電気応用実験、電気実習

◎電気応用実験

○電気実習   ○電子実習

[]

[]

[]

[]

c.電気・電子機器設計、製
 図

○電気機器設計

○自動設計製図(CAD)

○電子回路設計 ○電子製図

{}

{}

{}

{}

第四号に関するもの 

電気法規・電気施設管理

◎電気法規・電気施設管理

[電気実験、電気実習]合計

{電気電子機器設計、製図}合計

 

[]

{}

43

[]

{}

33

[]

{}

36

[10]

{}

26

(備考)

1.「電気応用実験、電気実習」、「電気製図」はそれぞれ区分2又は区分3の任意区分へ繰り入れてもよい。

2.次のいずれかに該当する者にあっては、「電気材料」は必ずしも履修しなくてもよい。
 (1)平成22年4月以降に入学したもの
 (2)大学、短期大学若しくは高等専門学校又はこれらと同等以上の教育施設を卒業した者であって、「高電圧工
    学」を履修した者
 (3)高等学校又はこれと同等以上の教育施設を卒業した者であって、「電気機器学」(電気材料の内容が含まれて
    いる場合に限る。)を履修した者

3.「電動機応用」、「照明」、「電熱」、「電気化学変換」又は「電気加工(放電応用を含む。)」の内容を一部含
  んでいれば、「電気応用」でもよい。

4.高等専門学校等にあっては、「電気実験、電気実習」及び「電気・電子機器設計、製図」のそれぞれの合計単位数
  で基準単位数を超える単位数がある場合には、基準単位数を超えた単位数の2分の1の単位数を区分1a、2a及
  び3aにそれぞれ1単位を限度として振り替えることができる。

5.高等学校等において、高等学校学習指導要領(H1.3.15)に規定された学科目により授業を受けたときは、次の学科
  目及び単位をもって表の区分毎の単位に該当するものとする。

  イ.区分1aに関するものは、(1)〜(3)のいずれかの学科目及び単位とする。
    (1)電気基礎       6単位以上
    (2)電子基礎       6単位以上
    (3)電気基礎又は電子基礎・・4単位以上
電子技術又は電子回路・・2単位以上

  ロ.区分2a及び区分4に関するものは、次の学科目及び単位とする。
    電力技術         3単位以上

  ハ.区分3aに関するものは、(4)、(5)のいずれかの学科目及び単位とする。
    (4)電気機器・・2単位以上 + 電力応用・・2単位以上 情報技術基礎又は電子情報技術・・1単位以上(計5
      単位以上)
    (5)電気機器・・2単位以上 +
電子計測制御・・2単位以上 情報技術基礎又は電子情報技術・・1単位以上
     (計5単位以上)

  ニ.実験・実習に関するものは、工業基礎・・3単位以上、課題研究・・2単位以上をもってそれぞれ2単位とみなす
    ことができる。(ただし、工業基礎及び課題研究は、電気実験及び電気実習に密接に関係していること。)

  ホ.電気・電子機器設計及び製図に関するものは、(6)電気製図・・2単位以上または(7)電子製図・・2単位以上とす
    る。

6.「高等学校又はこれと同等以上の教育施設」の種類において、高等学校学習指導要領(平成11年文部省告示第
  58号)に規定された科目により授業を行うときは、次の科目及び単位数をもって表の科目区分ごとの単位数に該
  当するものとする。

  イ.「電気工学又は電子工学等の基礎に関するもの」は、次のいずれかの科目及び単位数とする。
    (1)電気基礎                   6単位以上
    (2)電子基礎           4単位以上
      電子技術又は電子回路     2単位以上  計6単位以上
    (3)生産システム技術       4単位以上
      電子技術又は電子回路     2単位以上  計6単位以上
     ただし、生産システム技術については、別表第2「電気工学又は電子工学等の基礎に関するもの」の授業
     内容の科目であること。

  ロ.「発電、変電、送電、配電及び電気材料並びに電気法規に関するもの」は、次の科目及び単位数とする。
      電力技術           3単位以上
     ただし、別表第2「発電、変電、送電、配電及び電気材料並びに電気法規に関するもの」の授業内容の科
     目であること。

  ハ.「電気及び電子機器、自動制御、電気エネルギーの利用並びに情報伝送及び処理に関するもの」は、次のいず
    れかの科目及び単位数とする。ここで、情報技術基礎に代えて電子情報技術にしてもよい。
    (1)電気機器           2単位以上
      電力技術           2単位以上
      情報技術基礎又は電子情報技術 1単位以上  計5単位以上
     ただし、電力技術については、別表第2「電気及び電子機器、自動制御、電気エネルギー利用並びに情報伝
     送及び処理に関するもの」の授業内容の科目であること。
    (2)電気機器           2単位以上
      電子計測制御         2単位以上
      情報技術基礎又は電子情報技術 1単位以上  計5単位以上

  ニ.「電気工学若しくは電子工学実験又は電気工学若しくは電子工学実習に関するもの」は、次の科目及び単位数
    とする。
      電気実習又は電子実習     3単位以上
     ただし、同要領に規定された「工場技術基礎(3単位以上)」又は「課題研究(2単位以上)」の科目の
     授業を行う場合は、これらの内容が電気工学実験及び電気工学実習に密接に関連する内容のものであれば、
     「電気工学若しくは電子工学実験又は電気工学若しくは電子工学実習に関するもの」の単位数をそれぞれ2
     単位を限度として減ずることができるものとする。

  ホ.「電気及び電子機器設計又は電気及び電子機器製図に関するもの」は、次のいずれかの科目及び単位数とす
    る。
    (1)電気製図           2単位以上
    (2)電子製図           2単位以上

7.表の区分2aと4は合算した単位数がそれぞれ大学等・・8単位以上、短大、高専等・・6単位以上、高校等・・3単位
  以上を満足すればよいものとする。

〔トップへ戻る〕