中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全課 > 電気主任技術者免状交付申請について > 実務経歴証明書記載要領

実務経歴証明書記載要領

 
目次>> 基本事項 実務経験の範囲 記載要領 記載方法(維持・運用) 記載方法(工事) 組織図例1 組織図例2

基本事項

  1. 実務経歴書は、同一勤務先(1社、1団体)について作成し、2以上の勤務先の実務経験を合計しなければ、省令で定める条件を満たさない場合は、それぞれの勤務先の証明書が必要となります。

  2. 委託管理契約に基づく実務経験の場合(ビルメンテナンス会社等に所属している者)は、自社及び契約会社(設置者)の両者の証明を受けてください。但し、実務経歴期間内全ての契約書、覚書、仕様書等を添付出来る場合は、自社のみの証明で結構です。

  3. 工事業者については、工事工程表と、契約書の写し又は相手方の証明書を添付してください。

  4. 添付書類(組織図、工事工程表等)を含めて証明者の割印を必要とします。ただし、契約書の写し、相手方の証明書等については割印は必要としません。

 

実務経験の範囲

   実務経験として認められる職種は次のとおりです。

(1)500V(*)以上の電気工作物(一般用電気工作物を除く)である発電設備(除:ダム、水路設備)、変電設備、送電設備、配電 設備、給電・遠隔制御等の設備(除:電力保安通信設備)、需要設備に関する次の[1][2][3]の業務及びこれらの業務を監督指導する業務。
    (
*第2種については10kV以上、第1種については50kV以上)

     [1]工事

)新設、増設、改造、取り換え等の工事における電気設備、各種電気機械器具、付帯設備の設計(除 基礎工事)
)機器・材料の据え付け、組立工事(除 土木工事、製造工場での材料加工・組立・調整)
)配線工事
)機器調整及び性能検査

     [2]維持

巡視点検、定期点検、修理、試験、測定などの設備の機能を維持するための保守管理業務等。

     [3]運用

設備を安定的、経済的に運転するための業務

)運転状態の監視
)周波数及び電圧・電流の調整
)電力需給の調整
)系統の変更
)事故の復旧等における運転 、切り換え操作、給電指令、運用(事故の原因究明、報告等)

(2)上記(1)に直接関係し、現場に常駐または定期的に出向く必要がある次の業務又は保安管理的業務(工事計画の認可申請書等の作成、電気事故防止対策業務等)

 

  実務経験として認められない職種は主に次のとおりです。

(1)単なる設備の設置・組み立て作業などの電気工作物に関する知識、技能を必要としない業務(土木工、組立工、溶接工等)

(2)警備のために行う監視、記録等であって、電気工作物に関する知識を必要としない業務

(3)受電設備を含まない需要設備、負荷設備のみの維持、運用業務

(4)学校、研究所の実験設備、試験設備に係る業務

(5)エックス線発生装置、ネオン変圧器、テレビ受像器などの二次側にだけ高電圧を発生させる機械器具に係る業務

(6)電気機械器具、計器類の製造に係る業務

(7)電気鉄道用電気設備であって、電車線、トロリー線に係る業務

(8)船舶(除 非自航船)、車両、航空機内の電気設備に係る業務

(9)電気事業法が適用されない海外における業務

 


記載要領

( がな )

   氏  名

戸籍抄本のとおり記載してください。

 生年月日

   年   月   日生

(元号は略称記号を用いないこと)

本    籍

戸籍抄本のとおり記載してください。

現  住  所

郵便番号、住居表示(何番何号何々方、○○会社社宅何号棟何号室まで明記)を記載してください。             (TEL             )

勤務先および

役職名

 勤務先の名称及びその事業場での役職名を記入してください。但し、すでに退職した事業場から証明を受ける場合には、記入する必要はありません。

                    (TEL  ※内線まで記載    )

 

略   歴

  

 期    間

 役職名

      職 務 の 内 容  

電気工作物の概要

年数

年月

平成

元年

4月

 

 

年月

平成

6年

3月

 

 

年月

5年

 

 

 

 

〇〇〇(株)

〇〇〇工場

〇〇〇〇課

〇〇〇係長

事業所の名称

 ○○○○

事業所の所在地

 ○○○○

注意

期間は、何年何月と記載してください。

電気主任技術者の(許可を含む)地位にあれば役職欄にその旨を記載し、選任届出書の写し(許可の場合は許可書の写し)を添付してください。

期間の最終月は証明日の前月までです。

注意

職務の内容の記載にあたっては、下記の

◆【維持・運用業務の記載方法(例)

 職務の内容記載のポイント(維持・運用業務)

◆【工事業務の記載方法(例)

 職務の内容記載のポイント(工事業務)

を参考にしてください。

注意

申請者自身が関わった電気工作物(第2種申請の場合は電圧10kV以上、3種申請の場合は電圧500V以上)について次の事項を記載。

  1.発電所
・出力

・発電機
 電圧、出力、台数

・主要変圧器
 電圧;一次/二次
 相数、容量、台数

・遮断器
 種類、電圧、遮断容量、台数

・断路器
 電圧、電流、台数

・その他の機器の定格及び台数を記載

2.変電所
・出力

・回線数

・主要変圧器
 電圧;一次/二次
 相数、容量、台数

・遮断器
 種類、電圧、遮断容量、台数

・断路器
 電圧、電流、台数

・その他の機器の定格及び台数を記載

3.送電線路
(1)開閉所
・遮断器
 種類、電圧、遮断容量、台数

・断路器
 電圧、電流、台数

(2)電線路
・種類;架空、地中

・線路電圧

・線路亘長

・回線数

4.需要設備

・受電電圧

・契約電力

・受電方式及び回線数

・主要変圧器
 電圧;一次/二次
 相数、容量、台数

・遮断器
 種類、電圧、遮断容量、台数

・断路器
 電圧、電流、台数
 

・その他の機器の定格及び台数を記載

・二次変電設備ついて(各二次変電設備毎に記載してください。)

 

                                      上記の実務経歴を有することを証明する。

                                          平成  年  月  日

                                          事業場所在地  ○○○○○○

                                          証 明 人   ○○○○株式会社

                                            代表取締役 ○ ○ ○ ○ 印

 

                                       委託契約先の証明を受ける場合

                                          平成  年  月  日

                                          事業場所在地  ○○○○○○

                                          証 明 人   ○○○○株式会社

                                           代表取締役 ○ ○ ○ ○  印

 


 

維持・運用業務の記載方法(例)]

(記載にあたっては、記載のポイント(維持・運用業務)を文章中に含めて下さい。)

【概要】

申請者は、○年○月に入社し、一貫して工場内動力設備の保守、保安業務に携わってきたが、今回の申請にあたり、左記の期間について記載する。

 申請者は、大阪工場動力課運転班員として、電気主任技術者○○○○(第2種)の指導のもと、大阪工場の保安規程及び社内○○規程に基づき、中央監視室、受電所及び第2電気室において、右記電気工作物の運転、監視、点検業務等に従事した。業務内容は、日常業務、定期業務、不定期業務に分類され下記のとおり。

なお、○年○月から動力課運転班長となったが、運転班員の時期と業務内容に大きな変更はない。但し、部下の指導業務が付加された。

 

【業務の実施方法】

動力課は総勢○名で、別紙組織図記載の勤務体制の中で、申請者は4直3交替の交替勤務者(8:00〜16:00,16:00〜24:00,0:00〜8:00)として下記の業務を行った。

 

【日常業務】

I.監視業務

監視業務は、受変電設備の正常な運転を確認し、エネルギーの節約や事故の未然防止、早期対応を図ることを目的として実施した。

申請者は、勤務時間中常時、他の電力担当1名とともに中央監視室において受電電圧、電力量、電流、力率等を監視し、右記受電設備、機器等の監視、把握を行うとともに、事故警報の有無を確認した。

 各計器の指示値等については1時間ごとに運転日誌に記録し、電気主任技術者に報告した。

異常を認めた場合は、直ちに電気主任技術者に報告し、現場に赴いて異常の原因究明及び復旧作業を行った。

 

II.運転操作業務

 運転操作業務はエネルギーの使用の合理化、電力需給契約に基づく力率の管理、○○等を目的として実施した。

 申請者は工場の操業前(○:○○)及び操業後(○:○○)には、運転操作マニュアルに基づき、受電所又は第2変電所において各工場送り遮断器の入り切り操作を行った。また、電力の力率に変動があった場合には、運転操作マニュアルに基づき、力率を1とするよう1日概ね○〜○回、受電所においてコンデンサ送りの負荷開閉器の入り切り操作を行った。

なお、上記の操作は運転班班員が行ったため、○年○月以降運転班長となってからは実施していない。

 

III.日常巡視点検

 日常巡視点検は、機器の運転状態の監視、事故の未然防止並びに異常の早期発見を目的として実施した。

 申請者は、1日○回(○:○○、○:○○、…)、他の電力班員1名とともに、目視、聴覚、嗅覚等により右記に記載の遮断器、変圧器などについて機器温度計の指示、表示等の確認、変形、異音、異臭などの外観巡視点検を行った。

 点検の結果はその都度点検結果報告書に記載し、主任技術者に報告した。

また、異常を発見又は確認した場合は、直ちに主任技術者並びに上司に報告し、その指示により修理作業を実施した。

○年○月に運転班長となってからは、上記業務は部下に実施させたが、1日1回出勤時に点検結果報告書により異常の有無を確認するとともに、週2回程度は部下の指導を兼ねて、自ら巡視点検を行った。

 

【定期業務】

I.月次点検

 月次点検は、毎月第2水曜日に日常巡視点検に準じて実施したが、より綿密に点検を行うため、電気係長、電気保全班(1名)と共同で実施した。

 運転班については昼勤(8:00〜16:00)者が行うため、申請者の実施頻度は年3回程度である。

 

II.年次点検

年次点検は、日常点検ではできない点検項目について精密に点検整備し、電気工作物の異常の有無を早期に発見するため、さらには日常点検において異常が見られた箇所を精密に点検又は改修するために、毎年5月に受電を停止して実施した。

 年次点検の実施に当たっては、電気主任技術者をチーフとし、申請者は点検員として、運転班全員と電気保全班、外注業者(○○○○)○名と共同で、右記に記載の遮断器、変圧器などについて、損傷、腐食、過熱の状況、操作具合、油漏れ、絶縁抵抗測定、保護継電器試験等の細密な点検、測定試験を行った。点検結果については、定期点検記録表に記載するとともに良否の確認を行い、電気主任技術者に報告した。

点検の結果異常を発見した場合は、直ちに電気主任技術者に報告し、その指示により改修を行った。

 

【不定期業務】

I.電気工事

[1]受電用柱上開閉器の取替え工事(○年○月〜○月)

 受電用気中開閉器(PAS)の老朽化に伴い、ガス開閉器(PGS)に取り替えることとした。

 工事にあたって、申請者は改修計画を立案するとともに、工事中においては常時立ち会い、工事業者の監督をするとともに、社内検査(絶縁抵抗測定、耐圧試験、保護連動試験など)においても常時立ち会い、検査結果の良否を確認した。

 

II.事故対応

[1]事務所棟停電事故(○年○月)

 事務棟屋上キュービクルの高圧母線にネズミが接触したため、事務所棟が全停電となる事故が発生した。申請者は直ちに電気主任技術者に連絡すると共に、事務棟屋上キュービクルに出向き、事故原因の究明と復電操作を行うとともに事故の再発防止対策の実施にあたった。

 

III.特別巡視

 特別巡視は、台風の通過後、地震の発生後などの災害時や電気主任技術者が必要と認めた場合に、前記の月次点検に準じて実施した。申請者が実施した頻度は2年に1回程度であるが、これまで特別高圧、高圧機器において異常は認められなかった。

 

IV.保安教育

 申請者は2月に1回電気主任技術者から、機器の操作、事故時の対応等について教育を受けた。

 

職務の内容記載のポイント(維持・運用業務)

 

  [工事業務の記載方法(例)]

(記載にあたっては、記載のポイント(工事業務)を文章中に含めて下さい。)

【概要】

申請者は、○○部○○課主任として、○○会社天満ビルにおける右記の特高及び高圧電気工作物について、同ビルの電気主任技術者の指示のもと、大阪設計事務所及び天満ビル工事事務所において新設工事業務に従事した。業務内容は、計画・設計業務、工事監督業務 、試験・検査業務に分類され、下記のとおりである。

 

【業務の実施方法】

○○部○○課は総勢○名で、申請者を含めて全員が日勤勤務であった。申請者は、工事担当主任として、当該工事の計画・設計並びに工事施工、各検査の監督者として下記の業務に従事した。なお、勤務体制については下記の次のとおり。

 計画・設計業務(大阪設計事務所)

(申請者を含めて○名) 8:30〜17:00

工事監督、試験・検査業務(天満ビル工事事務所)

  (申請者を含めて○名) 8:00〜16:30

 

【設計業務】

申請者は、本件工事に係る設計主任として、○年○月から○年○月の間、右記の各特高及び高圧機器の仕様及び設計条件について電気主任技術者と協議し、需要電力量の予想、受変電システムなどを勘案して、[1]設備使用の検討、[2]メーカー及び機種の検討・決定、[3]材料及び工法の検討、[4]工事施工図、機器配置図、工事計画書などの検討作成、[5]官庁申請書類の作成、などを実施した。

 

【工事施工業務】

工事の施工については、工事請負契約書に基づき外部の電気工事会社(○○電気工事)が実施した。

 申請者は○年○月から○年○月までの間、天満ビル工事事務所に常時勤務し、工事監督者として工事管理(工事施工状況の確認など)を毎日行った。また、施工図面、○○などに基づき、右記電気工作物の[1]基礎工事(芯だし、架台組立など)、[2]据付工事(組立、調整など)、[3]配線工事(主回路、制御配線など)にかかる、請負業者の工事監督、指導を週3〜4日程度行った。

 業務の遂行にあたっては、常に電気主任技術者に報告し、その指示を受けて実施した。

 

【試験・検査業務】

T.出荷検査等

 右記の電気工作物の内、遮断器、トランスなどの重要なものについては、メーカーが工場内において行う工程検査及び出荷検査に立ち会い、定格、仕様、○○等が設計図書とおりか、電気工作物の性能、特性、○○等についてメーカーが補償する値を満足しているかを確認した。

 

U.完成検査

 ○年○月、設置工事等完了後には、工事全般について、自ら施工図面、技術基準、社内規程などに基づき工事内容の確認を行い、社内検査(接地抵抗試験、絶縁抵抗試験、絶縁耐力試験、保護継電器動作試験など)及び使用前検査においては、電気主任技術者と共に立会い、各試験実施の指揮を行うと共に、当日の作業者の監督を行った。

  職務の内容記載のポイント(工事業務)

 

[組織図の記載例:1]

組織図記載例1

 

[組織図の記載例:2]

組織図記載例2

 

〔トップへ戻る〕