中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全課 > 自家用電気工作物 の各種手続
 > 電気主任技術者に関する手続き

 自家用電気工作物を…  設置した場合へ  譲り受けた(譲り渡した)場合へ

電気主任技術者に関する手続き

 

  • 電気主任技術者選任の方法

電気主任技術者免状の交付を受けている者を選任する場合

電気主任技術者免状の交付を受けている者が兼任承認を受けようとする場合

電気主任技術者免状の交付を受けていない者が選任許可を受けようとする場合

他社の社員(ビル管理会社)を委託契約により電気主任技術者に選任する場合

電気主任技術者を選任しないことについての承認を受けようとする場合

 

  • 書類の提出時期

 電気主任技術者を変更した場合、遅滞なく届出を行ってください。

  電気主任技術者の選任は、電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるために行うものであるから、その選任の時期は、このような監督をさせる必要が生ずるときまでに選任しておく必要がある。

 一般的には現場の工事に着手する時点という考え方がとられているが、実際には現場の工事に着手する時点ではすでに工事の監督を必要とし、特に工事計画の手続を必要とする場合には、工事計画の作成にも携わる必要があるので、これらを考慮し、工事着手前の相当な期間において選任し、選任後 遅滞なく届出する必要がある。
 

  • 免状と保安監督の範囲

第1種 すべての電気工作物の工事、維持及び運用
第2種 構内に設置する電圧17万ボルト未満の電気工作物の工事、維持及び運用
第3種 構内に設置する電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く。)の工事、維持及び運用

 


○本件について不明な点は、下記までご連絡下さい。
中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 自家用係
電話 06−6966−6047(直通)