中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全課 > 自家用電気工作物 の各種手続
 > 電気主任技術者に関する手続き > 委託契約による電気主任技術者の選任

委託契約による電気主任技術者の選任

 

  • 委託契約によりビル管理会社等から電気主任技術者を選任する場合

 

1.上記選任の基準(詳細はこちらPDF326KB

 委託契約による電気主任技術者の選任等は、次の各条件を満たす場合に限っています。

○設置者との間で電気設備の保守管理 に関する委託契約を直接締結している。

○電気主任技術者となる者が当該事業場に常勤する。

○委託契約書の中に次のイ〜ハに掲げる条項が約されている。

  • イ.設置者は、自家用電気工作物の工事、維持及び運用の保安を確保するにあたり、電気主任技術者として選任する者の意見を尊重すること。
  • ロ.自家用電気工作物の工事、維持及び運用に従事する者は、電気主任技術者として選任する者がその保安のためにする指示に従うこと。
  • ハ.電気主任技術者として選任する者は、自家用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督の職務を誠実に行うこと。

 

2.申請に必要な書類

 電気主任技術者の選任届出兼任承認申請許可申請に必要な書類に加え、上記事項を確認するため下記書類を持参して下さい。(提出の必要はありません。)

  • 設置者との間で締結された委託契約書の写し
  • 管理委託契約書に付随する仕様書の写し
  • 電気主任技術者の所属が確認できるもの(社員証、保険証など)

※委託契約とは、電気事業法施行規則第52条第2項の保安管理業務外部委託制度に係る規定における委託契約を指しているものではありません。

※ビル管理会社の電気主任技術者の選任について(7公技第4号平成7年12月1日 改正平成9年9月25日)は平成17年3月28日付で廃止となりました。 よって契約により電気主任技術者を選任する場合は本制度に基づき手続きを行って下さい。


○本件について不明な点は、下記までご連絡下さい。
中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 自家用係
電話 06−6966−6047(直通)