中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全課 > 自家用電気工作物の各種手続 
 > 自家用電気工作物を譲り受けた(譲り渡した)場合 > 自家用電気工作物使用開始届出

 自家用電気工作物使用開始届出

 

 自家用電気工作物の使用を開始した後、自家用電気工作物ごとに遅滞なく届け出なければならない場合は、次のとおりである。

(電気事業法第53条同法施行規則第87条)
 1.電気事業法第47条第1項の規定による認可又は同法第48条第1項の規定による
   届出に係る電気工作物を他から譲り受け、又は借り受けて自家用電気工作物
   として使用する場合。 
 2.鉄道営業法、軌道法又は鉄道事業法が適用され又は準用される変電所の直流
   き電側設備又は交流き電側設備を使用する場合。
 3.電車線路、き電線路又は帰線を使用する場合

  ※上記を要約し届出の必要なものを示すと次のとおりである。
    (1) 特高設備を譲り受けた場合
    (2) ばい煙発生施設を譲り受けた場合 など

 ・届出書の様式
   電気事業法施行規則第88条に基づく様式第60の自家用電気工作物使用開始届出
  書を提出する。
  (様式 Word27KB PDF7KB / 記入例 Word27KB PDF115KB
 


○本件について不明な点は、下記までご連絡下さい。
中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 自家用係
電話 06−6966−6047(直通)