中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全 注意喚起 

 


事実と異なる記載による外部委託承認申請について

 

平成27年6月26日

中部近畿産業保安監督部

近畿支部

 平成27年5月、外部委託承認申請書の添付書類について、下記の不備事項が、複数の電気保安法人が作成した申請書類において確認されました。

 このような申請書類を作成することは、法令に基づく点検頻度や到達時間に係る要件が満足されず、保安上支障をきたす可能性があるうえ、設置者が不正の手段で承認を得ることとなり、設置者に法令違反をさせる極めて悪質な行為です。

 今後、このよう申請をなされた場合は、設置者への通報とともに承認を取り消すことも含め厳正に対応することもありますので、適切な対応を行っていただきますようお願いします。

  1. 「委託契約の相手方の執務に関する説明書」における事業場までの距離及び到達時間について、実際に確認していない、又は電気保安法人の主たる連絡場所を起点としていない等、事実と異なる距離及び時間を記載していた。

  2. 「絶縁監視装置等の設置に係る設備調査表」の低圧電路の漏洩電流値について、実際に測定せず仮の数値を記載する等、事実と異なる漏洩電流値を記載していた。

以上

 

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6047 (直通)
    <FAX>  06-6966-6092    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.