中部近畿産業保安監督部近畿支部 > 電力安全 行政処分・指導 

電気事業法の遵守について(厳重注意)

 

令和3年12月1日
中部近畿産業保安監督部近畿支部

  中部近畿産業保安監督部近畿支部は、秋中邦宏に対し、高濃度ポリ塩化ビフェニル(以下、「高濃度PCB」という。)含有電気工作物に係る電気設備に関する技術基準を定める省令への適合、電気主任技術者の選任・届出及び保安規程の制定・届出に関して、本日、厳重注意を行いましたのでお知らせします。

 中部近畿産業保安監督部近畿支部は、令和3年7月27日に秋中邦宏に対し、秋中熔工所(大阪府大阪市福島区)における高濃度PCB含有電気工作物の設置状況について確認するため、電気事業法に基づく立入検査を実施しました。

 その結果、技術基準不適合事項等を認めたため、改善計画書の提出を求めましたが、設定した期限内に同計画書が提出されず、その後の要請にも応じなかったため、本日、当支部は厳重注意するとともに、下記の事項に対する改善状況を改めて報告するよう指示しました。

1.電気事業法第39条に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」(平成9年3月27日通商産業省令第52条)第19条第14項に規定するポリ塩化ビフェニルを含有する絶縁油を使用する電気機械器具が電路に施設されている。

2.同法第42条第1項に規定する保安規程を定め、届け出ていない。


3.同法第43条第1項に規定する電気主任技術者を選任していない。また、同法同条第3項に規定する届け出がなされていない。

 

 【本件に関する問合せ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 環境保全
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
    <TEL> 
06-6966-6048(直通)
    <FAX>  06-6966-6092