事故情報一覧(4月発生)
番号 事故種別 概要 原因 再発防止対策
1 New 波及事故 高圧引込みケーブル(CVT、2017年製)が絶縁低下により地絡し、出迎え方式で事故点が保護範囲外であったため波及事故に至った。詳細な原因は調査中。
供給支障電力:344kW、供給支障時間:144分
事業者において調査中
2 New 波及事故 構内の火災によって高圧引込みケーブル(CV、1987年製)が焼損したため地絡が発生した。出迎え方式で事故点が保護範囲外であったため波及事故に至った。詳細な原因は調査中。
供給支障電力:960kW、供給支障時間:50分
事業者において調査中
3 New 波及事故 高圧引込みケーブル(EM6600 CE/F[エコケーブル]、2009年製)で絶縁低下により地絡が発生し、保護範囲内であったが、PASが動作しなかったため波及事故に至った。PASが動作しなかった原因は、電力会社の継電器と構内SOGの特性の違いによる、構内SOGの不動作と推定される。また、地絡の原因は、シュリンクバック現象による絶縁低下と推定される。
供給支障電力:149kW、供給支障時間:97分
保守不備(保守不完全) ・外観点検時に、高倍率の双眼鏡やカメラを使用することで異常の早期発見に努め、異常が確認された場合は早期に修繕若しくは高圧引込みケーブルを取替える。
・SOGの整定値の見直しを実施。
4 New 破損事故 太陽電池発電所(800kW)において、PCS4台(1台あたり50kW、2017年製)が焼損した。詳細な原因は調査中。 事業者において調査中
5 New 波及事故 高圧引込みケーブル(CVT、2010年製)が絶縁低下により地絡し、出迎え方式で事故点が保護範囲外であったため波及事故に至った。詳細な原因は調査中。
供給支障電力:349kW、供給支障時間:282分
事業者において調査中
  • 事故発生を覚知した年月をもって発生年月と推定する場合があります。
  • 発生年月は、事故報告後、さらに詳細な調査を経て変更となる場合があります

このページに関するお問合せ先

中部近畿産業保安監督部近畿支部 電力安全課 事故受付担当

〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
(大阪合同庁舎1号館2階)
TEL:06-6966-6056(直通)
FAX:06-6966-6092
Mail:exl-kinki-denkijiko(アットマーク)meti.go.jp
※メールアドレスの(アットマーク)は@に置き換えてください。

最終更新日:2024年7月5日