事故情報一覧
No. 発生年月 事故種別 概要 原因 再発防止対策 添付書類
1 令和6年1月 漏えい 他工事業者(水道工事業者)が飲食店の厨房内漏水のため、土間コンクリートを電動工具にて斫り作業中に、誤って埋設配管を破損させLPガスが漏えいした。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
2 令和6年2月 漏えい 他工事業者(解体業者)が建物解体作業中に、重機でバルク貯槽を吊り上げた際に誤って穴をあけ、LPガスが漏えいした。 他工事 他工事における事前連絡・調整の徹底
3 令和6年2月 漏えい 一般住宅において、消費者から「ガスが出ない」との連絡を受け、現場調査したところ、ガスメーターが破損しLPガスの漏えいを確認した。ガスメーター以外に破損箇所はなし。ガスメーター上部に外的衝撃が加わって破損したものと推定。 その他(不明)
4 令和6年2月 漏えい 飲食店において、従業員がフライヤーの清掃を行う際に迅速継手付きのゴム管を取り外して作業を行ったが、その後ガス栓と正常に接続できていない状態でガス栓を開放したため、接続部隙間からガスが漏えいし、ガス栓のつまみの一部が溶融した。 誤操作・取扱いミス ガス機器の安全な使用方法についての周知
5
New
令和6年3月 漏えい 一般住宅において、消費者から「ガスが出ない。復帰を試みるも使用できない。」との連絡を受け、現場調査したところ、屋外白ガス配管の立ち上がり部において腐食が認められ、LPガスの漏えいを確認した。防蝕テープ(保護テープ)よりも上に盛り土がされており、そこから腐食したものと推定。 維持管理不備(経年劣化) 点検等による維持管理の徹底
6
New
令和6年3月 漏えい火災 一般住宅において、消費者が居間にある埋込型ガス栓にゴムホースを接続し、一口コンロを居間のこたつの上で使用していたところ、ガス栓付け根付近からLPガスが漏えいし、一口コンロに引火して火災が発生した(軽傷者1名)。原因は、ゴムホースの劣化によるもの。 維持管理不備(経年劣化) 点検等による維持管理の徹底

最終更新日:2024年5月31日