最終更新日:平成28年2月17日

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」に基づく埋設供給管に係る漏えい試験の適切な実施について(注意喚起)


 
当支部では、「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(以下、「法」。)第83条第1項及び第2項の規定に基づき、管内の液化石油ガス販売事業者及び保安機関に対して立入検査を実施し、法令に抵触する事案が認められた場合には、改善を求めてきたところです。
 本年度は、昨年12月末までに22事業者に対して立入検査を実施したところ、法施行規則第36条第1項第1号に規定する埋設供給管(亜鉛めっき鋼管:白管)に係る漏えい試験等を適切に実施していない事業者が6者ありました。
 当支部としては上記の状況に鑑み、埋設供給管は経年による腐食、漏えいのおそれがあることから、漏えい試験の適切な実施について、平成28年1月27日、別紙の内容で管内の所管事業者に注意喚起を行いました。

別 紙:「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」に基づ
        く埋設供給管に係る漏えい試験の適切な実施について(注意喚起)

参考資料:埋設供給管の漏えい試験(図表)

 
 

 【お問い合わせ先】

  中部近畿産業保安監督部近畿支部 保安課
    <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
    <TEL> 
06-6966-6050 (直通)
    <FAX>  06-6966-6093    

Copyright (C) 2005 KINKI Ind.Safety All rights reserved.